安全なリモートアクセスでテレワークのセキュリティ対策を実現

安全なテレワークの実現へ



電子証明書による二要素認証で悪意のあるユーザー・不適切な端末の侵入を防ぎます。

働き方改革時代の安全なテレワークの実現へ、自宅、外出先、拠点間問わず、安全なリモートアクセスが実現できます。

オンプレミスの認証サーバーが不要為、運用や保守に掛る費用が掛からりません。

メンテナンス等のリソースも意識しなくて済みます。

Active Directoryユーザー連携も可能です。

無線APと連携し不正利用を防ぐ802.1X(EAP-TLS)認証を実現

簡単にセキュアWi-Fi環境を実現



802.1X(EAP-TLS)認証はWi-Fiでは最も厳格な認証レベルの為、不正端末や悪意のあるユーザーを除外することができます。

従来の安全なWi-Fi認証方式はRadiusサーバーを構築・運用が必須でしたが、認証サービスのため簡単で即座にサービスインが可能になります。

オンプレミスの認証サーバーが不要な為、運用や保守に掛る費用が掛からりません。

メンテナンス等のリソースも意識しなくて済みます。

Active Directoryユーザー連携も可能です。

SaaSのIDを統合しシームレスで安全なアクセスを

安全なシングルサインオン

電子証明書を用いた二要素認証で、クラウドサービスへ安全なログインが可能となります。

複数クラウドサービスをご利用頂いている場合は、シングルサインオンが可能となります。

ADFSが不要な為、ADFS構築費用や保守費用、SE工数などイニシャル、ランニングコストの削減に貢献できます。

Active Directoryユーザー連携も可能です。